スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--/--
--:--
スポンサー広告

感想

まず、手榴弾で自害した日本兵達について補足。
米軍は大砲や放火機で穴の入り口を潰し、
焼き出すか生き埋めにするという方法をとっています。
生き埋めにされた日本兵は身を挺して特攻することもできずに
自害する手段しかなかった人もいます。

米軍の第一の目標が摺鉢山だったように、
二宮君が最初にいた辺りの人達の思考は
摺鉢山を退くなというものだったんでしょうね、
でも実際はどうだったでしょう?
実際はあんなもんじゃなかったんじゃないでしょうか、
厚地兼彦大佐率いる、摺鉢山からの攻撃の凄さは映画よりも
私が参考にした、サイトを読むことの方が凄まじく伝わりました。
これだけこんなに・・本土の為にがんばったんだよ。やったんだよって。
映画を鵜呑みにするだけで感想を述べるのではなく、
できるかぎり真実を突き止める必要があるのではないでしょうか?
だって・・やっぱり映画じゃ実際の1/3も現地で戦った人達の功績を
語れてないんだもの。日本側にしても、そしてきっとアメリカ側にしても。
だからこの映画の批評を書く人は事実もちゃんと把握してからにしてほしいな。
じゃないと恥ずかしいよ。
私も恥ずかしい事書いてるかもしれないけど・・・・
間違って書いてる所だってあるかもしれないけどね、
私なりに調べました。これからも調べて真実に近い歴史を覚えていたいです。

ただ、硫黄島での戦いのことを知らない人も知るきっかけになったのは
映画だってこと。映画の影響力ってすごいもんね。
この映画はアメリカ人が日本側を視点にして描いてくれた事に意義があります。
そしてイーストウッド監督は、お互いの戦力の凄さや功績を称えるのではなく、
戦争に使われた兵隊達は
普通の人間だってことを中心に描くことにしてくれた。
その気持ちが嬉しいです。


忘れてはいけない事です。
だからこの映画はこのままで素晴らしいんです。
映画の賞とかは興味ないけれど、賞を取ることで多くの人々に知れ渡り、
それがきっかけで多くの人が本土に空襲が来る前の出来事を調べよう、
覚えていようという気持ちになってくれるなら、賞をあげてほしいです。
他の戦争映画よりも数段上行ってますよ。すごいです本当に。
映画のストーリー構成とか描写とかがどうかは判らないけれど・・
でも、娯楽もいいけど、私は娯楽やB級映画大好きなんですけどねw
でも!この映画はなによりも有名でいてほしいです!!
だって娯楽を見られるのも平和の上に成り立ってるものだから・・・・

米軍の捕虜になろうと脱走する味方をも殺すことについて、
米軍は巣の入り口を神経をすり減らして見つけようとしています。
水を汲みに行こうとする者が一人も戻らなかったように、
入り口付近をうろうろするという事は入り口を米軍に知らせる行為でもあります。
捕虜になるという事は米軍に基地の内装を知らせるということでもあります。
一人の脱走兵を殺すことで、一人でも多くの米軍を殺そうとしている
意思のある者たちを犬死させないで済むと考えたのかもしれないと・・

どの行動をした人も責められません。捕虜になるよう脱走した人も、
それを阻止しようと仲間を殺した人も、
殺されるか、捕虜にされるか、行く先わからないまま米軍のなすがままに
生きながらえた人も、あらゆる理由で自害した人も、栗林中将も。
どの行動をした人も責められません。
侵略の戦争によって温暖化や地球が汚れてきている事は
どう考えるんでしょう。自分たちの住む国の空気はその結果どうなるんでしょう。
現に硫黄島の、地形は変わりました。当時の海岸は高い崖となっています。
摺鉢山の海岸は、戦争で無くなってしまい、崖のみです。
この戦いの影響で火山活動があり、地盤が上昇したそうです。
土地はその国柄の物かもしれないけど、
空気と海と水は共有してるんです。

二宮くん(西郷)と加瀬亮さん(清水洋一陸軍上等兵)
が脱走しようと試みる前に少し話し合ってますね、
清水がどうして硫黄島に来る事になったのかを話した後、
この島にはあいにく、俺たちと米軍しかいないから余計な事を考えなくて済むと
言ってます。それは誰のお蔭か、
栗林中将が現地の人達を本土へ疎開させるよう、指示してくれたからです。
もし・・現地の住民が疎開せずにいたら・・

ほんとね・・グロイね・・・いろいろ知った上では今度は怖くて書けませんw
書いては消し書いては消しw
なんやねんって思った人は自分で調べて自分なりの真実を考えてね!
沖縄戦と比べてみるのもいいかもしれません。
すべての兵力を沖縄戦にもっていくという、上からの指示が映画の最初の方で
栗林中将が手紙を読んでましたね。
あれから沖縄戦で戦っている部隊が反発して、
硫黄島にも援助させるべきだと言う声があり、
木更津から脅しというか、おとりというか・・4機援助の戦闘機が硫黄島に飛びました。
米軍を攻撃するのに成功した戦闘機もありました。
帰ってきたのは2機です。

硫黄島の戦いの前にも、B29が東京を空襲するのを避ける為に、
サイパンの米軍基地を特攻した第1次御盾特別攻撃隊については
映画やドラマになってたので私も知っています。
皆本土にいる家族を守るため・・これだけがんばったんだ。
東京大空襲だけしか知らない人に知ってほしいな。

まぁ、このへんで(´-ω-`;)ゞ おわりにします。
当分娯楽に走りますw
今日のうちに旦那にも「硫黄島からの手紙」を見て欲しかったけど、
ちょっと別のに集中しちゃってて明日になるか・・明後日になるか( ̄▽ ̄;)
私は・・嵐の大野君で癒されておくことにしよう。うん。今から観ようw
大ちゃ~~んε=ε= タタタタ・・ε= 。・゚(゚ノT-T)ノエーン
スポンサーサイト
2008
04/09
23:48
心に響く言葉
CM:0

戦争映画・・・・・

私は戦争物の映画が大嫌いでした。
清朝時代について詳しく知ろうとしてからでしょうか、
日本人なんだから、日本人がしてきた事、そしてされた事を
知っておこうと思ったのは。
歴史は学校の種目の中でも大の苦手でした。
だから ぜんぜん詳しくないし ほんとにもぉ・・・無知でお恥ずかしいです。
クリントイーストウッド監督が「父親達の星条旗」という映画を監督されたのを
知った時も、「またか・・一方通行な主観の戦争映画なんて」と無視してました。
戦争について語ろうと思うと長いし多すぎて深すぎてもぉ・・
片方が主観の映画にするしか仕方ないのはわかるんですが、
戦争で侵略しているのにもかかわらず、まるで現地の兵隊を悪者のようにとらえる。
いや、どちらも国からの命令だからそう考えてしまうのは仕方ないのかもしれないけれど、
どっちが悪いとなると、やっぱり侵略した方なのだろうか・・・
いや、侵略しなかったらそのまま攻撃されることはないのか?
パールパーバーに至っても、
どっちみちグアム島や沖縄経由でアメリカに狙われていたんじゃないのか?
他の国が侵略することによって産まれる恐怖感が侵略を産むんじゃないのか。
「やられる前にやっちまえ」という恐怖感が産む思考。
もぅ、誰が悪いとか上げたら手前の手前のその又手前の事例をあげていけば
もーどっちもどっちって事になる。
ほんと、「転生薫風」の薫のセリフ「お前等いい加減にしろ!」と言いたくなる。

クリントイーストウッドが日本側の主観として「硫黄島からの手紙」を作ってくれた事に感謝します。
日本もアメリカ側からの主観としての「パールハーバー」を作るべきだ。
なんて考えてしまいます。いや、作るべきではないでしょうか?それが日米和平に繋がるのでは
ないでしょうか・・・・。

政府や軍隊に所属する方、そして「三菱」の上層部にこそ観てほしい映画です。

硫黄島に渡った兵士達も空から戦った者も皆、特攻隊だったんですね・・・・・・
戦車の砲が無くなると自らダイナマイトを持って硫黄島海岸から登って
自分たちの砲陣地に入ってきた米戦車の下に入り、自爆された早内大佐。
その後に残された者たちは硫黄島の壕の中から喉の渇きと高熱に苦しみながら
戦いました。
米軍は砲弾が切れた事により、徒歩で上陸してきたんですが、
壕内に篭った栗林兵団長率いる兵に思ってもいないほどの反撃を食らいます。
双方怖かったでしょうね・・・。
もう・・・ほんと、戦争物は観ても考えていてもブルーになってしまいます。
でも実際にあった事なんですよね。

有閑な戦略により多くの敵兵を殺害した兵や大佐を勇者と言い、
今の平凡に生きる若者を「平和ボケ」とバカにする漫画家がいました。
私、ずっと好きで読んでた漫画だったんですけど、そこで「ん?」と考えさせられました。

戦時中に「あいつら全員ぶっ殺してやる!俺も果敢に死んでやる」そう考えられる人と
「こんな戦争 いやだ! 人なんて殺したくないよ!何でこんな事をしなくちゃいけないんだ!」
と考える人 二人共、紙一重なんじゃないでしょうか・・・
前者のように考えていないと足が前に動かないと覚悟し、
逃げ延びた後の後悔の念に恐怖し、
いやほんと・・・想像だけなんですけどね・・・・

ただ、後者の人は普通の精神が長く続いている人なんじゃないだろうか?って・・・
私はそう思います。
正気なんです。狂気になれない、頑丈な精神の、そして真っ当な精神の持ち主なんです。
そして前者の人のような気持ちにならないと気持ちに負けてしまう。戦いに勝てないのも事実。
ただ、双方に共通するのは 「守りたい」という気持ちだったんじゃないでしょうか?

栗林兵団長は 硫黄島へ就任されるまでは 軍人でもなんでもなく、ただ海外の知識が豊富な
優秀な人で、どんな職についてたからは知りませんが、
手紙を読むかぎりでは 普通のお父さんだなぁーって感じがしますね。
自分たちが引き返したら次に狙われるのは本土だと、 なんとか食い止めたくて
もう、帰ることとか考えてなかったでしょうね、早内大佐が無くなった時は特に。
日本にこれ以上米軍が侵入しないようにと、
喉の渇きに耐えられず、どうせこのまま死ぬなら特攻隊として散りたいと
壕から出ようとする者たちを沈めて、苦しみながらじわじわと相手を一人でも消そうと作を練った。
すごい精神力だなぁ・・・

平和であることに感謝できない奴こそが 戦争をした方達に 恩をあだで返している
大バカ者であるんだという事を私は言いたい。です。

戦っちゃいけない ということは、一つの国だけでなく、
全ての国がしなくてはいけないことなんです。
そんな力と金があるなら 緑を増やせ!空気を綺麗にしろ!
水無くて将来困るぞっ と・・綺麗に〆てw・・これからレンタルしにイテキマース!!Σ≡≡≡((っ`・Å・)っ
えへ、まだ観てないんだ(つω`o)テヘどっちから先に観るべきか・・・
2008
04/08
15:42
心に響く言葉
CM:0

はちみつ金柑のどあめ替え歌♪

「毎日面白いイエイ♪ 毎日面白いイエイ♪」
           を

「毎日皿洗いいぇい~ 毎日皿洗いいぇい~いぇい~」

昨日皿洗いしながらうんざりと歌ってました。旦那には大ウケw
2008
01/11
14:43
心に響く言葉
CM:0
お知らせ

リンク
ジャマー あいこっちTBP

最近のコメント
ヾUo-ェ-Uo-ェ-U

ブログでアバターチャット ペットも飼えるブログパーツ

カテゴリー
☆癒しBGM☆

©Plug-in by PRSU

ドウメイ

banneewwer.jpg20070211_190164.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
3.gifbanner.gifgl_01.giftea_s1.gif

最近の記事
プロフィール

Nictama(てるぅ)

Author:Nictama(てるぅ)
ゲームと園芸と愛犬モモとのお散歩、
そして料理が好きな主婦です。
ゲームは主にシュミレーションで
ちまちましたキャラを沢山産んで育てて
って感じの育成物や
お店経営、いただきストリートも好き。
シムピープルはひたすら家を建てては
遊んでいます・・(病んでる?)
前のパソはシムピとHPビルダー
そして大量に保存してしまう可愛い素材達・・
これで壊したと言っても過言ではない・・・。
でもパソオタクな旦那がいるから大丈夫!
と高をくくり懲りていません・・・・。

RSSフィード
最寄り駅サーチ



by ajaxblogparts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。