FC2ブログ

つぶやき

ラストエンペラーの監督、ベルナルトベルトルッチが
エドワード・ベアの書いた「ラストエンペラー」の
序文を書かれておりますが、このようなことを書いて
ます。
●溥儀の書いた自伝「わが半生」で、私は教養がなく、
「不思議の国のアリス」した読んだことがない。
●溥儀と国民の間に思いやりが潜んでいた。
●溥儀は卑怯者の日和主義者で優柔不断、自分が生き残る
ことしか考えていない。
ベアと監督は↑のような共通の思考があるそうで、
彼はそれを理解と書いてあるが、溥儀について理解できて
いたようには思えない。

溥儀にとってはソ連に収容されつつ書くようにと言われて
無理やり書かされたことであって、内容は溥儀の自由では
あったものの、自分の身を守る為、私は教養がない、無害である。
あなた達の思うが侭になるのに向いているで殺さないで欲しい。
と考えながら書かれたものなので、リアリティーが無いのです。

溥儀の家庭教師だった、レジナルド・フレミング・ジョンストン
の書いた著書にはなんとかかれているのか、(紫禁城の黄昏)
私にはまだ読んでいないのでわからないのですが、
彼は清朝が終り、紫禁城を追い出された溥儀をイギリスの学校へ
招待するのですが、溥儀はあくまでも皇帝として政治権限を得る
ことを目標としていた為、日本の誘惑にかられ、満州の皇帝と
なることになり、そこで先生とは別れることになっています。
なので溥儀が即位してから紫禁城を追われた数日までの間の
事が書かれてあるのでしょうか。

愛親覚羅 浩の書いた「流転の王妃の昭和史」には溥儀も溥傑も
文学を学んでいてとても優秀だったと書かれております。
現にいろんな教師をあてがっていたようですし、イギリスから
英語の家庭教師として招かれたレジナルド・フレミング・ジョンストン
もその一人です。

しかも溥儀が結婚した同じ年に中国の役員へと昇格されています。

監督は溥儀を無教養だと評した人間をスノビッシュだと言われています。その点は合っていると思いますけれどもね。

溥儀から中国国民や満州国民に対しての思いやりはこれっぽっちも
感じませんが、国民からは感じますね。浩も中国側に捕まっていた
間ですが、数々の中国人に助けられていました。
礼儀をもって浩や婉容達に接しておられたようです。
ですがソ連に捕まってからは夜毎「女をだせ~ うへへ~」
と強姦強要されることもしばしば、浩達が無事だったかどうかは
書かれてませんが、水商売の女性達が「わたしらが行くよ!」と
立ち上がってくれていたようです。(かっけ~~>w<)

溥儀は決して日和見主義者だとは思いません。
彼は天皇になれる所を選んだまでなのではないでしょうか?
日和主義者なのは溥傑の方でしょう。浩とは日本の軍人・・
あ~名前忘れました><うぅ浩の著書が手元にあればわかるのですが、
まぁ、その軍人さんが中国の皇帝関係者と仲良くして表向き
日中和平を話しかけやすい環境にするため、日本人の浩の父に
溥傑との結婚をそして溥傑にも結婚をもちかけるわけですが、
お見合いを数回したのち、ラブラブになったんです。
浩は中国とソ連 そして関係ないのに日本人の元学校の校長さん?
に捕まるのです^^;日本人のその人(またも名前忘れ・・)
はだ~れも浩捕まえろなんて命令も下していないのに、
一般人のくせにw校長を辞めて浩を日本側のデマを流したとか
なんとか理由をつけて戦犯にすれば儲かるって考えて浩を執拗に
ストーキングします。でも途中で逃げ出され、
浩が日本に帰ろうとした所を待ち伏せするのですが、
今度は浩に日本の上流階級のセレブに自分を売り出してほしい
という野望で、浩に猫なぜ声を出します。「こんな汚い、ぎゅうぎゅう
積めの船に乗らなくても、僕の飛行機で日本までお送りしますよ」と。
浩はすっかりプチッとキレちゃいまして、お断りします。
この下りはとても爽快な気持ちになれました。
浩は3度の捕虜、留置所を転々とさせられ体はボロボロになって
いましたが、最後は溥傑の元で安らかに眠ることができて
本当に良かった・・(´Д⊂グスン

自分が生き残ることばかり考えていた、とありますが、
それはどういう意味なんでしょうね、これも説明が足らず、ただの
幼稚な悪口ですね。ベアと同じです。監督も。

皇后の婉容(えんよう)や第二婦人の文繍、妹達(三角姫たち)浩と
別れ、日本に逃げ込もうとしたが、帰りの飛行場でソ連に捕まり
(婉容の父と溥儀、溥傑が捕まった)女性達は見捨てたから?
でもあの時、溥儀はぜったい俺殺されるや~ん って思ってたんですよ。俺も皆も殺されるや~んアタヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノフタ
状態なわけ。何ができるんでしょう。もう皇帝としての身分も
無いわけで、中国の人民として暮らすが、高待遇でお迎えしますと
いう申し出も断り、日本と手を組み満州の皇帝になったと思ったら
日本に利用され、満州から侵略されてしまって、中国側、ソ連側からは
戦犯として追われる身となってしまったのに。
一番の被害者は婉容だと思いますけれどね、・・
確か文繍は婉容のいじわるや嫉妬から逃げる為に溥儀と離婚されて
いるはず、離婚して良かったやん(*´ω`)

まぁ、溥儀はそれを根にもって婉容に冷たくあたり、
婉容がアヘンにのめり込むこととなったのですが・・
そのせいで中国に捕まり、女性は戦争に加担していないので
戦犯ではないとされ、釈放されることができていたのに
身元受取人がいないため、そのまま捕虜状態。
その後転々としますが、彼女は冷たいコンクリートの牢獄の中で
アヘン中毒に苦しみつつ、ご自分の身辺のケアもできず、
亡くなります。

浩の自伝では、中国で釈放されるチャンスがあった時に
溥儀の側室であった李玉琴がいち早く釈放されたので
浩が「婉容には身元を受け取る人がいないので釈放されることが
できるのに、出る事ができない、あなたの母親に婉容の母親と演じて
もらえないだろうか?」と話しかけたところ、「はい」と快く
応えたが、それは表向きの答えだけであり、その後母親が
浩と婉容の元に戻ってきて「私は婉容さんを引き取りたくありません」
と言います。しかも、帰り際に中国の看守に向かって
「あの人は日本の天皇の娘(嫁?だったかな、手元にないのでうる覚えですmm)だ」などとウソをチクり、
釈放されるはずの浩はその後事情聴取を延々とうけることになります。

その性格ブーな李玉琴家族ですが、意外なことにエドワード・ベアの
「ラストエンペラー」の溥儀が年をとり、入院している時の話に
登場するのです。溥儀が60歳と過程してそのとき李玉琴が30歳って
ww当事何歳やってん!σ(._ ・;*)ゥーン..
手元に「ラストエンペラー」しかないので詳しくは書けないのが
悔しいです。ちゃんと調べてみますね。

李玉琴がどのように登場するかというと、
彼に「あなたの側室だということで周りから非難されています」
と愚痴り、溥儀の手持ちのお金(役60ドル)をもぎとって
行ったんだそうです。「わが半生」に自分の名を登場させたことで
顔に泥をぬられたとのことで。

でも、自分のしたこと、他人に責めてもしゃーないですやん。
自分がお金に目がくらんで側室になったんでしょう。
よっぽど性格悪いんやね・・(´・ω・`)浩にも溥儀にもベアにまで
書かれてww でも中国に捕まっていた時は婉容の世話を頑張って
たらしいです。なので婉容からかなり可愛がられていたそうです。
まぁ、それも婉容の持っている服やら金銭目当てだったのかも
しれませんね~

「自分が生き残ることしか考えない」ことは悪い事ではないと
思います。危機的状況において千里眼が効くとか、そういった
能力がある方はいますからね、浩がその人だと思いますけれど、
浩は次女を連れての捕虜生活でしたから、自分と子供の安全を
第一に考えてよいではないですか。
逆に婉容はみんなに何をしてあげたんやっちゅ~話ですよ。

ただ、婉容が可哀想なのは死に方もそうですが、溥儀との結婚事態
本人の意思ではなく、父親の疚しい根性による政略結婚だったので
婉容は父親のことを嫌っていたようです。

婉容の父(栄源)はソ連に溥儀と共に捕まった後もそりゃーもう
ペコペコと頭を下げ、言葉使いもあからさま。
世渡りうまいのねん(´・ω・`)と感じました。
でも塀の中で溥儀の身の回りの世話をしていたようで、
どっちにもペコペコ。 いや、今の世の中彼のように本心をひた隠し、
太い物に巻かれることのできる人でないと社会になじめないのかも
しれませんね・・私も見習わなきゃ・・。

なんだかまたながながとつぶやいてしまいました。
独学で少ない資料に基づいて書いているので間違っている
部分もあるかもしれません。ご容赦くださいmm。

エドワード・ベアは他にも日本と強く批判すること別の著書に
かいておられます。そして書いた後「私はこのことで殺されても
かまわない!マスメディアとして本当のことを書くのだぁ!」と
かっこいいこと書いておられますが、中国を侵略したソ連については
中傷的なことは書いてないのねん(´・ω・`)
ようするに・・言いやすい相手=日本だっただけだと思われ。
だってベアちゃんたら糖尿が原因で亡くなられてるも~ん。
ァ'`。゚(*´Д`*)゚。'`,、




スポンサーサイト



2007
10/02
11:16
未分類
CM:0
COMMENTS
秘密にする
TOP
お知らせ

リンク
ジャマー あいこっちTBP

最近のコメント
ヾUo-ェ-Uo-ェ-U

ブログでアバターチャット ペットも飼えるブログパーツ

カテゴリー
☆癒しBGM☆

©Plug-in by PRSU

ドウメイ

banneewwer.jpg20070211_190164.png 3.gifbanner.gifgl_01.giftea_s1.gif

最近の記事
プロフィール

Nictama(てるぅ)

Author:Nictama(てるぅ)
ゲームと園芸と愛犬モモとのお散歩、
そして料理が好きな主婦です。
ゲームは主にシュミレーションで
ちまちましたキャラを沢山産んで育てて
って感じの育成物や
お店経営、いただきストリートも好き。
シムピープルはひたすら家を建てては
遊んでいます・・(病んでる?)
前のパソはシムピとHPビルダー
そして大量に保存してしまう可愛い素材達・・
これで壊したと言っても過言ではない・・・。
でもパソオタクな旦那がいるから大丈夫!
と高をくくり懲りていません・・・・。

RSSフィード
最寄り駅サーチ



by ajaxblogparts